1日のやる気を爆上げする健康的なモーニングルーティンをご紹介!


こんにちは、みよしです。

今回は、習慣オタクの僕が実践するモーニングルーティンの紹介をしていきます。

  • 何時に何をするのがいいんだろう?
  • 1日をやる気を上げるには何をすればいい?
  • 集中力を高めた状態で仕事をしたい
  • 朝活をもっと充実させたい!

こんなことを考えている方に読んで頂きたいです。

なぜかというと、僕が以前こんなことを考えていたからです。

『もっとモチベーションを高めて活動したい』『もっと集中して仕事に取り組みたい』

こんなことを考えていたので、毎日行う習慣を改善しようといろいろ考えながら実践してきました。

その結果、僕なりに毎日のモチベーションを高めつつ、無理しすぎないモーニングルーティーンをまとめることができたのでその方法を紹介します。

1日のやる気を爆上げする健康的なモーニングルーティン

  1. 5時起床
  2. 歯磨き5分
  3. 白湯をコップ1杯飲む
  4. 外に出てジョギング&ウォーキング10分
  5. 筋トレ&ピラティス10分
  6. シャワー
  7. 整容5分
  8. 空腹なら朝食、そうでもなければ食べなくてもいい
  9. モーニングページ、企画
  10. ブログ
  11. 動画作り

詳しく解説していきます。

歯磨き→白湯を飲む

まずは歯磨きです。

朝は口の中に雑菌が溜まっていますから、朝一で綺麗にしちゃいましょう!

それから白湯を1杯飲むのがオススメです!

夜寝ている間に汗をかくので、朝は軽度の脱水状態になっていると言われています。

人間の大半は水分でできていますので、脱水状態では集中して活動できません。

水分をしっかり取ることが大事です。

また、水ではなく、白湯にする理由ですが、朝は起きたばかりの時は副交感神経がオンになっています。

交感神経をオンにして、やる気を出すには体温を上げることが必要です。

なので、白湯を朝一に飲むことで身体の深部から温めて上げるのが良いんです!

僕は必ず白湯を1杯飲みます。

そうすると、身体の芯から温まり、行動する気力が出てくるのを実感しています!

ジョギング&ウォーキング 15分〜20分

朝一で運動は最高です!まず、ジョギングとウォーキングをします!

外に出て朝日を浴びることで、脳内物質のセロトニンを分泌させます。

朝一からしっかりとセロトニンを分泌させる事によって、夜にメラトニンが十分に合成されて睡眠を促進してくれます。

また、朝一の運動は効率よく体温を上げてくれるので、副交感神経がオンの状態から交感神経がオンの状態に切り替えることができます。

これによって、眠気が吹っ飛び、その後の活動を有意義なものへと変えてくれます!

僕が実感しているのは、朝一に外に出るだけでも気分が上がり、やる気が出るということです。

ジョギングのハードルが高い人ははじめは外に出るだけでも良いと思います。

僕の場合は、ジョギングだけだと疲れるので、ウォーキングと組み合わせて10分ほどで行ける公園まで行って帰ってきます。

これを朝一にやるかやらないかで1日の充実感が大きく変わることを実感しています!

筋トレ&ピラティス 10分

筋トレを朝一にやっちゃいます。

僕の場合、筋トレがあんまり好きじゃないので、後回しにすると1日やらずに終わっちゃうんです笑

なので、ジョギングから帰ってきたらすぐに筋トレはやっちゃいます。公園のベンチを使って腕立て伏せ何かをやることも多いです。

筋トレとピラティスエクササイズを組み合わせて10分ほどやります。

筋トレも眠気を醒ますのに効果がありますし、身体を使うことは前頭葉を活性化しますし、筋肉が増えればテストステロンが増え、やる気や行動力アップにつながります。

シャワー

ジョギングと筋トレで汗をかいたらシャワーを浴びて流します。

そんなに汗をかいていなければシャワーじゃなくても良いと思いますが、シャワーを浴びるとスッキリします。

個人的には、シャワーを浴びた方がスッキリして次の作業に取りかかれるので朝シャワーはオススメです!

朝食

朝食はなるべくしっかり摂るようにします。

朝食は1日のエネルギー源になりますし、朝食を摂ることで体温を上げることができます。

エネルギー不足では朝からバリバリ働けないので、空腹の場合はしっかり食べます。

日によっては、食べる気がしない場合もあるので、その場合は朝食は無理して取らずに水分補給をしっかりして作業に入ります。

具体的には、肉、魚、野菜、米をバランスよく食べます。

特にタンパク質を摂ることにより効率的に体温を上げることができるので、肉、魚、卵などを積極的にとります。

ブログ作成、台本作り

朝食を食べて、片付けが終わったらブログを書きます。

ブログは、頭の中を整理してまとめていく作業で、朝一にやるととても気分が良いので一番初めにやるようにしています。

朝起きた後は、睡眠中に頭の中が整理されていて、綺麗に整った状態になっていると言われています。

情報を入れて頭がごちゃつく前に、整理された頭で言葉を吐き出した方が良い文章が書けることを実感しています。

動画作り

ブログを書き終えたら動画作りです。

個人的な感覚ですが、動画作りはブログを書くより少しハードルが下がります。

文章を書くより撮影、編集の方が僕は楽に感じます。

なので、ブログを書き終えて、少し休んだら午前中のうちに動画作りもやっちゃいます。

午後からの過ごし方を少しご紹介

僕は午前中にやることはほぼ終わらせて、午後からはゆっくりやりたいことをやっています。

午後から夜にかけては午前中に比べてアイディアが浮かびやすい時間帯と言われています。

個人的には、午後の時間に無理して作業をするより、やりたいことをやっていた方が良いアイディアが浮かびやすいことを実感しています。

僕が午後の時間によくしているのは、本屋やカフェで読書、サイクリング、海で散歩、ジムでのトレーニングです。

基本的には、読書をしてからサイクリングや散歩、運動をしに行きます。

この『情報を入れてから運動をする』ってのが大事だと感じています。

たくさん情報を浴びるのも大事なんですが、浴びてばっかりだと自分の考えが生まれません。

そのアイディアを考えて吐き出す時間が必要です。

そのために、あえて情報に接しない時間を作る必要があります。

僕の場合、この時間がサイクリングや散歩、トレーニングの時間に当たります。

特に身体を動かしながら何かを考える時間はアイディアが浮かびやすくなります。

以前の僕は1日中家にこもって作業をしていました。

でも、そうすると作業に飽きますし、ストレスもたまります。結果として気分良く作業できず、妥協して作業することになります。

1日終わった時に良いアイディアもできてないのでネタも尽きてきます。

このサイクルではダメだと思い、リフレッシュする時間を作ることにしたんです。

これが良い結果に繋がりました。

リフレッシュできるし、良いアイディアは浮かぶし、良いサイクルができたんです。

だから、こういうリフレッシュ時間を勿体無い時間と思わずに、積極的に取ってみることは有意義な時間を生み出します。

同じように、あまりリフレッシュする時間を取れていないなと思う場合は、ぜひ試してみてください^^

まとめ

今回はやる気を爆上げするモーニングルーティンを紹介しました。

僕は、集中した時間を多く作って、毎日を充実させていきたいという気持ちがありますので、まだまだルーティンや集中に関することは学んで実践していきたいと思います。

しばらく、朝一の運動と栄養補給、午前中に最優先の仕事を終わらせることを意識して、午後からは読書などの情報収集の後にアイディア出しの時間を作っていくようにしていきたいと思います。

時間の使い方の積み重ねで自分という人間ができていくので、理想の自分に向かって時間を積み重ねることができるようにしていきましょう!

それではまた更新します!