【動画あり】猫背改善・自律神経を整えるピラティストレーニング「ピラティスインストラクター・理学療法士のエクササイズ」


こんにちは、みよしです。

今回は、猫背改善、自律神経の調整に効果的なピラティスエクササイズを紹介します。

自宅でこもっていて運動不足になると、ストレスが溜まり、自律神経が乱れ、姿勢も悪くなりがちですよね。そんな時、1日5分でも自宅で簡単にできる運動を行うことができると、ストレスが減り、自律神経が整います。さらに姿勢改善に役立つ運動を行えば、やる気が高い状態を維持することにもつながります。腰痛や肩こりの予防、改善にもつながります。

運動不足でストレスが溜まりがちだし、軽い運動をして身体と心をリフレッシュしたい。猫背を解消してポジティブに生きたい。そんな方に向けてエクササイズを紹介したいと思います。

【動画で紹介】猫背を改善し自律神経を整えるピラティストレーニング

  1. ASブリッジ
  2. スワンダイブ(修正版)
  3. スイミング
  4. リバースプランク

ASブリッジ

アーティキュレイションショルダーブリッジは、背骨の関節を動かし、自律神経の働きを活性化するのにも効果的なエクササイズです。お尻から背中の筋肉にかけてよく使いますので、ヒップアップや背中の引き締め効果もあります。

はじめの姿勢は膝をたて、骨盤から頭までまっすぐに。

呼吸を吸って吐きながら膝から肩まで一直線になるように姿勢を整えます。吸って吐きながら下ろします。繰り返し10回程度行うと良いです。

スワンダイブ

スワンダイブは、背中を引き締め、猫背の改善に効果的なエクササイズです。

はじめはうつ伏せで顔の横に手を置き、呼吸を吸って状態を起こします。

肩から骨盤まで一直線になるように姿勢を整えて、呼吸を吐きながら下ろします。5〜10回程度行うと良いです。

スイミング(修正版)

四つ這いで手足を動かします。

四つ這い姿勢からスタート。肩の真下に手、股関節の真下に膝が来るように。

呼吸を吸って手足を上げます。あげたときに体幹がぶれないように注意。呼吸を吐いて手足を下ろします。10回程度行うと効果的です。

リバースプランク

リバースプランクは、背中を引き締め、胸が張り猫背の解消にとても効果的です。ヒップアップ効果も期待できます。

お尻から掌1つ分後ろに手をつきます。骨盤から肩まで一直線に体を整えます。

呼吸を吸って吐きながら状態を起こします。足から肩まで一直線に。なるべく股関節の動きで状態を起こせるように意識します。5回程度行うと効果的です。

詳しい解説はこちらの記事でしています。

猫背を改善して毎日ポジティブな気分で過ごそう

姿勢が改善されると、気分よく時間を過ごすことができるようになってきます。毎日の家事や仕事が捗るようになってきます。これは運動に集中して取り組む時間を作ったことによるマインドフルネスの効果や、仕事や家事から離れる時間を意識的に作ったことによるストレスの発散効果、運動により代謝や身体の血流が促進され脳にもよく血液が回るようになることによりやる気が上がる効果も期待できます。

姿勢改善のための運動をすることで多くのメリットが得られます。それも1日たった5分程度の運動でです。

僕のおすすめは朝一番に運動を行うことです。朝の時間を充実して過ごすことができると、1日充実感を感じやすくなります。朝に運動するのは面倒だなと感じることもあると思いますが、思い切って朝運動をしてみると意外に気分が良いものです。

朝やってしまえば、昼、夜に行えなかったとしても後悔しません。「朝運動やったし、今日はOK」となるわけです。これが結果として、自分の自信に繋がってきます。

毎日運動ができていない自分から、毎日運動ができる自分に変わることによって「できる自分」が形成されていき、運動以外のことにも自信が持てるようになります。そうすると、仕事のやる気も上がり、何もかも前向きな方向に傾いていきやすくなります。

運動習慣をつけることは、いろんなことに対する良い効果が得られる源になりますのでぜひ試してみてください。

それではまた更新します!