自然治癒力を高める意識を持って生活すると不調が起きにくい身体を作る事ができます


こんにちは、みよゆーです。

今回は、自然治癒力について詳しくお話ししていこうと思います。

なぜ自然治癒力についてお話しするのかというと、あなたの生活にとってとても重要な事だからです。

もしあなたが毎日をより健康に、充実して過ごしていきたいなら、自然治癒力を高める生活を意識していくことをおすすめします。

というのも、僕は理学療法士で、現在は整体師として働いていますが、この自然治癒力がとても重要な事であることを知って、対策をしてきました。

結果として、元々あった肩こり、頭痛、自律神経症状がかなりよくなっています。

それ以外にも以前より毎日の行動力が上がっていますし、体調がとてもよく感じます。

僕と同様、皆さんにもより良い身体つくりをして、充実した毎日を送ってほしいと思っていますのでお話しさせて頂きます。

自然治癒力とは

自然治癒力とは、本来人間が持っている回復能力です。

例えば、筋肉痛になっても3日くらいしたら自然に治りますよね。ああいった感じで自然に身体を回復させる力を人間は持っているんです。

ただ、自然治癒力とひとことでいっても、この機能には、防衛力、免疫力、再生力、精神力とがあります。

自然治癒力=自己治癒力(免疫力等)+ホメオタシス(恒常性=元に戻ろうとする力)という見方もあります。

このあたりの話は少し難しい話になるので簡単に話します。

自然治癒力を司るのは脳です。

脳から神経が出て、背骨を通って内臓や筋肉につながっています。

そして脳から内臓や筋肉に指令を送ることで内臓や筋肉に不調が出ても治すことをしています。

例えば腰痛の場合、筋肉の硬さが原因で痛みが出るのですが、

筋肉が10硬くなったら10柔らかくなるように指令が正しく出れば治ります。

でも、筋肉が10硬くなっているのに5柔らかくなるように指令が出てしまうと硬さが全て取れないので、徐々に筋肉が硬くなっていってしまい痛みが出ます。

自然治癒力が正常に働く状態が健康な状態なんです。

なぜ自然治癒力が低下するのか

背骨の問題

具体的に自然治癒力が低下している状態は何が起きているのかというと、1つは背骨に問題が起きている事で自然治癒力の低下が起きています。

背骨は積木のように積み重なってできています。

1つ1つ関節になっているので、本来であれば柔らかく動きます。

背骨の関節が正常な状態であれば、脳からの指令が神経を通って内臓や筋肉に正常に伝える事ができます。

しかし、問題が起こると背骨の関節が動かなくなってしまいます。

背骨の間から神経が出ていますので、関節が硬くなると神経の流れが悪くなって脳からの指令が内臓や筋肉にうまく伝わらずに自然治癒力の低下が起こります。

結果として、内臓や筋肉など、背骨と関係した部位に不調が起こります。

例えば、腰椎の3番だとお尻、4番だと膝など関連した部位に痛みなどの不調が起こります。

4つの要因

背骨の問題を引き起こす原因として4つの要因があります。

  1. 身体的要因
  2. 栄養的要因
  3. 環境的要因
  4. 精神的要因

身体的要因は、運動不足、しすぎ、睡眠不足など。

栄養的要因は、食べ過ぎ、食べなさすぎ、栄養バランス不良といった食生活の乱れなど。

環境的要因は、気温、湿度の変化、職場の環境など。

精神的要因は、ストレス、感情の変化です。

このような要因が原因で自然治癒力の低下を引き起こす事があります。

自然治癒力を向上させるためには、背骨の治療をするか、4つのマイナス要因を減らすか。

この2つの方法があります。

カイロプラクティックで自然治癒力を向上させる事ができる

カイロプラクティックとは、硬くなった背骨の関節を治療するテクニックです。

硬くなっている背骨の関節を動きやすく矯正するので、神経の通りが悪くなっている部位を通りやすくして、脳の指令が内臓や筋肉に正しく伝わるようにします。

結果として、自然治癒力が向上するので不調が起こっても寝れば治る身体を作る事ができます。

カイロプラクティックの治療を受ける事で、マイナスな要因を減らすことをしなくても自然治癒力が高い状態を保つ事ができるので、健康な身体を作る事ができます。

自然治癒力を高める方法

カイロプラクティックの治療を受けるのが一番自然治癒力を高めるための簡単な方法なのですが、あなたの生活を見なおして治癒力低下の要因を除いていく事で自然治癒力を高めていくことも可能です。

一番簡単なのは、今行っている悪い習慣を止めることです。

悪い習慣とは主に、自然と調和しない行動です。

ちょっとスピリチュアルな要素が入りますが、ここは本当に大事なポイント。

例えば、動物は日が暮れたら休むのが普通ですが、日付が変わっているのに寝ていなくて寝不足になるとか、人工甘味料など人工的な物を習慣的に食べてしまっているなど。

人間も動物なので、なるべく近代的な暮らしばかりではなく、本来の人間の暮らし方を取り入れていくのが良いです。

身体的要因を改善する

  • 運動不足、過剰
  • 睡眠不足、過剰
  • 姿勢が悪い

運動不足や睡眠不足によって、自律神経の働きが全体的に悪くなります。

1週間単位、1日単位でどの程度運動を取り入れていくか、睡眠時間を優先して確保するなど対策をとるのが良いです。

僕は毎日1時間の運動、睡眠は7〜8時間最低とるようにしています。

ここを習慣化するだけでも、自律神経の乱れを調整する事ができます。

栄養的要因を改善する

  • 食事の取りすぎ、取らなさすぎ
  • 栄養バランスの乱れ
  • 自分に合わない食生活
  • コンビニ弁当、ファストフードの食べ過ぎ
  • タバコの吸いすぎ
  • 飲酒量が多い

一番簡単なのは、コンビニ弁当やファストフードを止める事です。

保存料や添加物が多く含まれている物はなるべく取らないように心がけて、

簡単な物で良いので、野菜を色と葉の物、実の物、根の物でバランスよく買っておく事、味をしょっぱい物、甘い物、酸っぱい物、辛い物、苦い物をバランスよく食べていく事です。

調理法も本当は大事ですが、あんまり考えすぎるとストレスになるので、まずはバランスよく食材を買ってきて、色々組み合わせて調理していきましょう。

あとは、自分の身体に合う食材と合わない食材があるので、一概にこの食材を食べればOKなんて事はありません。

メタトロンというロシアの医療機器があるのですが、ご存知ですか?

メタトロンは人間の細胞の周波数を計測できる医療機器なんですが、これによって自分の身体に合う食材がわかります。

僕はメタトロンでわかった自分に合う食材を食べるようにしていますが、最近調子が良いです!

僕が勤務している治療院にありますので、もし興味があったらご連絡ください。

TwitterやYouTubeでコメントいただければと思います^^

精神的要因を改善する

ストレスが原因で自然治癒力の低下が起きることも多いです。

自律神経は交感神経と副交感神経でできています。

交感神経は『頑張る』神経

副交感神経は『休む』神経です。

ストレスがあると、脳が頑張ろうとするので交感神経が優位に働きます。

ストレスに晒され続けると、交感神経が働きすぎてバランスをとるために副交感神経が優位になります。

結果として、やる気が出ない、行動力がなくなる、消極的な考え方になるといったことが起きます。

また、ストレスが原因でそのストレスと関係した背骨の動きが悪くなって自然治癒力の低下することもよくあります。

現在の自分のストレスの状態を把握して、対処方法を考えてみるとやるべき事が明確になって解決につながるかもしれません。

ストレスマネジメントで自分のストレスの原因をセルフチェックし解消できるようにすると人生が楽になる

まとめ

今回は、自然治癒力について少しお話ししてみました。

自分で背骨の調整をすることは難しいので、日常生活からマイナスの要因を減らしていく事が自然治癒力を高めて健康的な身体を作っていく方法になります。

とはいえ、マイナスの要因を全て日常生活から取り除くのは難しいので、住んでいる場所が近い場合はぜひ僕の勤務先に来てもらいたい。

僕の働いている治療院では安全なカイロプラクティックで背骨の矯正をしていくので、痛みがなく、時間も短時間で施術します。

定期的に通院して頂けると日常生活からストレスを取り除かなくても健康的な身体つくりをする事ができるので、本当にすごい治療だと思います。

興味がありましたらぜひご連絡ください^^

それではまた更新します!