【背中を柔らかくする】毎日やって背骨を柔らかくするピラティスの基本エクササイズ!


こんにちは、ピラティスインストラクターの三好です!今回は背骨周りが硬い、背中が硬くて腰痛、肩こり、自律神経の不調がある方に効果的なピラティスの基本エクササイズを紹介します!

 

背中を柔らかくすると何が良いの?

 

自律神経が整う

 

背骨を柔らかくすると自律神経の調子が良くなります!背骨には自律神経が通っていて、背骨が柔らかく動くことによって自律神経がストレッチされます。背骨が硬くなっている人は自律神経も硬くなっているのでうまく機能しない傾向があります。

 

筋肉は柔軟に伸び縮みする事ができるのが良い状態ですが、神経も同じように柔軟に伸び縮みできる状態を作っておく事が大事です。

 

腰痛予防・改善に

 

背骨を柔らかくする事で腰痛の予防、改善になります。

 

特に、筋肉が原因の腰痛です。腰回りの筋肉が凝り固まっていて血の巡りが悪くなっていると腰痛が起きます。筋肉が硬く、血の巡りが悪いのが原因になっているので筋肉を柔軟にしてあげる事が改善の方法の一つとなります。

 

肩こり予防、改善にも

 

肩こりの予防、改善にも効果的です。

 

背骨は首から骨盤まで繋がっていて、背骨と肋骨が繋がり、肋骨と肩甲骨が繋がっているので背骨と肩甲骨は大きく関わっています。

 

 

肩こりの原因もまた、筋肉が凝り固まっていて血の巡りが悪くなっている事で起きているので、背骨が柔軟に動けるようになる事で、肩甲骨や肩周りの筋肉も柔軟になっていき、血の巡りが改善される事で肩こりが解消されます。

 

背中を柔らかくするピラティス基本エクササイズ

 

アーティキュレイティングショルダーブリッジ

 

 

ポイント

  • 背骨を一つ一つ床から離すようにして身体を上げていきます
  • 上げきった時の姿勢は肩から膝まで一直線になるように
  • 背骨を一つずつつけるようにして身体を下ろしていきます
  • 呼吸は吸って吐きながら身体を上げる
  • 吸って、吐きながら身体を下ろす

 

エクササイズの注意点

  • 上げきった時に腰が反ってしまうと腰痛の原因になるので注意してください!

 

スパインストレッチ

 

 

シーティッドツイスト

 

 

背中を柔らかくするピラティスエクササイズ まとめ

 

  • 背骨を一つずつ動かすように意識
  • 呼吸を忘れず
  • 毎日5回ずつコツコツ継続

 

はじめは普段動かしていない筋肉を動かしているので、痛みを伴う事もありますが、毎日継続する事で徐々に筋肉がほぐれていき楽にできるようになります。

 

ぜひ、実践してみてください!