ミニマリスト男の数少ない服を紹介!シンプルに着て身軽に生きよう


こんにちは、みよし(@miyoyu34)です。

今回は、服紹介です。

  • シンプルに服を着ていきたい
  • ストレスなく服を着たい
  • 服の組み合わせをいちいち考えるのが面倒くさい
  • でも、オシャレに服を着ていきたい
  • 服の数を減らしたい

今回の記事はこんな方におすすめの内容になっています。理由は、以前の僕がこんなことを考えていて、今ではシンプルに服に関する悩みなく生活できているからです。もっとシンプルに身軽に服を着ていきたい場合はチェックしてみてください。

ミニマリスト男の服の数

僕の所有している服の数は仕事用の服や冠婚葬祭用の服も合わせて全部で30着です!

以前はかなり大量に服を持っていましたが、今はかなり服を減らしスッキリ暮らすことができています。一時期20着くらいにしたこともありましたが、逆に少なすぎて不便でしたね。週に何度も洗濯機を回さなければいけないので大変でした。僕の場合は30着くらいが多すぎず、少なすぎず良いようです。

人によって適度な数が違うと思いますので、あなたなりの快適な数を探してみてくださいね。

ミニマリスト男の服一覧

  • 冬用チェスターコート1着
  • オールシーズン使える防水ジャケット1着
  • 春・秋・冬用ステンカラーコート1着
  • 春・秋・冬用ロングカーディガン1着
  • 春・秋・冬用ニット1枚
  • 春・秋・冬用コーチジャケット2枚
  • 春・秋・冬用超極暖ヒートテック3枚
  • 春・秋・夏用Tシャツ3枚
  • オールシーズン使える黒ズボン1枚
  • 春・夏用ショートパンツ1枚
  • 靴下5セット
  • パンツ3枚
  • 靴3足
  • ビジネススーツ1セット
  • 冠婚葬祭用スーツ1セット
  • 仕事用の服(Yシャツ3着、ズボン1着、カーディガン1着)

僕の持っている全ての服を一覧にしました。1年間は上記の服のみで着回していますがかなりシンプルで楽になりました。残した物のポイントは、幅広い季節で使える物ばかり残したということです。冬だけしか着れないものは厚手のチェスターコートのみですし、夏のみしか使えない物は持っていません。多用途で使える服を選ぶと少ない数で着回すことができることを実感しています。

ミニマリスト男の服選びのコツ

モノトーンで揃えると楽。基本は黒

僕が持っている服は基本黒です。あとネイビーとグレー、白。このあたりを組み合わせて着るようにすると本当に楽になります。今まではボーダーとか色味が色々入った服を着ていたのですが、組み合わせを考えるのが本当に大変。

今は基本モノトーンで揃えているので組み合わせを全く考える必要がなくなり本当に楽です。適当に組み合わせて着ても服装がアンバランスになることがありません。どの服を着てもシンプルに違和感なく着れるのがやっぱり快適で良いです。

あとは、個人的には白より黒が良いですね。

白のTシャツを何度か購入しましたが、白は汚れが目立つのでなかなか長持ちしないんですよね。特別、白Tが着てぇー!という欲もないので最近は黒かグレーのTシャツをよく着ています。

シンプルと複雑さが7:3を選べばオシャレに見える

オシャレを作るときに1つ意識しておくと良いのが、シンプルと複雑さが7:3の割合にすることです。

部屋を作る時もそうですし、服に関してもそうで、シンプルなTシャツに少しポイントが入っているものとか、ポケットがついているものとか。少しだけ複雑な要素が入っているものはどうやらオシャレに見えやすいようです。

コーディネートの構成に関しても同様で、シンプルな服装に少しワンポイントが入っていたり、小物で少し複雑さを入れてあげるくらいの割合にするとオシャレに見えやすいようです。僕はアパレルショップの店員さんではないのでオシャレにめちゃ詳しいわけではないのですが、これを意識するようになってから、服を選ぶのがかなり楽になったことを実感しています。

オシャレに着こなす方法を学ぶなら下記の本がおすすめです!僕はこの本読んでからかなり楽に服を選べるようになりました↓

オールシーズン使える服を選ぶ

オールシーズン使える服をなるべく選ぶようにすると服の数を減らすことができるのでおすすめです。

個人的におすすめなのがユニクロの超極暖ヒートテックやモンベルのストームクルーザージャケット。

超極暖ヒートテックは厚手のロンTのような感覚で着れるのですが、とても着心地が良いので僕は春・秋はロンTがわりに着て、少し寒くなったらジャケットを羽織り、もう少し寒くなったらジャケットとロングカーディガンやコートを着ています。

モンベルのストームクルーザージャケットは登山用のジャケットで、かなり薄手(ペラッペラ)なのに防水、防風性に優れています。雨の日だけでなく、風を全く通さないので冬のアウターとしても使うことができるのでとても便利です。

僕はストームクルーザージャケットはオールシーズン使っています。薄手なので夏の雨の日にも重宝します。

機能性に優れている物を選ぶ

服を買うときは、見た目も大事ですが、それよりも機能性を重視するようにしています。

以前は見た目のデザインを重視して購入していたのですが、着心地がよくないのに無理して着ていると毎日なんか身が重くなるんですよね。それよりも着心地が良い服を選んで着た方が圧倒的に身軽に、気分良く過ごすことができることに気づきました。

そのため、機能性に優れているという部分は必須で、その上で見た目も良い物を選んで着るようにしています。

服をシンプルすると節約になる

服をシンプルにするだけで本当に節約になります。

僕は以前は毎月のように服を購入していて、服の組み合わせを考えたり、自分の見た目をよく見せる事にばかり頭を使っていました。

当然、毎月服を買っているので出費が止まりません。部屋に服がどんどん増えていき圧迫感も増していきます。

こんな状況から今では年に一回服を買う程度になり、部屋が今かなりスッキリしているのですが、ここにいたった理由は服をシンプルに着る楽さを知ったからです。

多くの服を持ち色々組み合わせて着るよりも少数の服でシンプルに着たほうが毎日を快適に過ごす事ができる事に気づいたんですね。

この良さに気づいてからは服を買いに行く事がなくなり、出費が減り、部屋のスペースが広がり、時間もお金も心にも余裕ができるようになりました。

ミニマリストおすすめの服ブランド

僕が服を買う時は、機能性と着心地、多用途に使えるかどうかを重視しています。この辺りのニーズを満たしてくれるブランドを紹介します。

ユニクロ

ユニクロはやっぱり良いですね。安いし、機能性抜群だし、着心地が良いし最高です。

僕はインナーや靴下に関してはユニクロで購入しています。

ノースフェイス

ノースフェイスは少し高価になりますが、アウトドアブランドなのにシンプルなファッションに合わせやすいアイテムが多いですね。

僕はノースフェイスのパンツをロングとショートで2本愛用しています。この2つを持っておけばオールシーズン対応できます。普段使いだけでなく、フィットネスシーンやハイキング、登山、サイクリングにも使えるので万能アイテムです。

モンベル

普段使いしやすいアウトドアブランドとしてモンベルもおすすめしたいです。

個人的にはノースフェイスの方がデザインは好きですがモンベルも機能性に優れた良いアイテムが揃っています。

僕はストームクルーザージャケットというレインウェアを愛用しています。薄手なんだけど防水性、防風性に優れているので冬場のアウターとしても大活躍します。これを持っておけばもうダウンジャケットはいりません。

まとめ

  • 幅広いシーズンで使える物を選んで揃えよう
  • モノトーンで揃えると楽
  • シンプルベースで、小物やロゴで複雑さを少し入れてみよう
  • 自分にとっての適切量をある程度決めて少しずつ手放してみよう

僕にとっての適切量は、30着でしたが、あなたにとって快適だと感じる服の量はどれくらいでしょうか?

一度どれくらいだったら気分が良さそうかな〜と考えてみて、少しずつその量に近づけてみるのが良いと思います。

自分にとって最適な服の量になると本当に毎日のストレスが軽減して楽になりますよ〜^ ^ぜひ試してみて下さいね✨

僕のミニマリスト経験をまとめたミニマリストnoteを作りました。もっと生活をシンプルに、身軽に生きていきたい場合はチェックしてみてくださいね^^