ミニマリストのソファ・机代わりにもなるコンパクトでオシャレなおすすめマットレスを紹介♪


こんにちは♪みよゆーVlogのみよし(@yuyampt)です^^

今回は、僕のお勧めのマットレスを紹介していきたいと思います♪

僕はこれまでにベッド、エアリーマットレス、アウトドア用のマットレスを使ってきました。

結論から言うと、今使っているマットレスが1番満足しています♪

今まで使ってきたマットレスとも比較しながら紹介していきたいと思います^^

僕が購入したのはLOWYAの三つ折りマットレスです。

LOWYAのマットレスはこちらからチェックできます^^

LOWYAの三つ折りマットレス セミダブルがおすすめ!

落ち着いた色合いのデザイン(カバー付き)

カラーはブラウンで落ち着いた色合いです♪

エアリーマットレスはカバーが付いていないのでそのまま使うとデザインがイマイチですが、こちらはカバー付きでとても良い感じです^^

セミダブルなので広々使えて寝返り時のストレスがゼロ!

セミダブル最高ですね!

寝返りしても全く問題なしです♪ダブルも良いですが、今の僕の部屋だとちょっと大きすぎかな、、、。

高反発で安心感のある寝心地

高反発のマットレスは初めてですが、とても良い感じです^^

硬めのマットレスは安定感があるので寝心地も良いですね♪

三つ折りになるのでコンパクトに収納

硬めなので、こんな感じで縦置きにしも安定しています♪

四畳半の狭い部屋ではこう置けるのはかなり助かります^^

ソファがわりになる

ソファがわりになるのも良いですね!

机と椅子がなくてもパソコンでの作業ができちゃいます♪

机がわりにも

机がわりにもなります笑

僕はこんな感じで座布団を敷いて動画編集やブログを書いています^^

LOWYAのマットレスはこちらです!

睡眠に対しては妥協してはいけない!良質の睡眠を確保する条件

僕がエアリーマットレスとアウトドア用のマットを使用してみて感じたのは、睡眠関係のことに関しては妥協してはいけないと言うことです!

安心して寝返りが打てること

寝具の幅は100センチ以上のものを選びましょう!

アウトドア用のマットで寝てみたら、かなり寝不足になりました!

何故かと言うとマットの幅が60センチ程度しかないので寝返りが打てないんです!

寝返り打とうとするとまったから落ちます笑

寝返りが打てない環境でずっと寝ているので知らずのうちにストレスがかかっていて熟睡できない日々が続きます。

数日なら問題ないんですが、これが長期間続くと日中のストレスが大きくなってきて、

  • 日中眠い
  • やる気が出ない
  • ネガティブになる

といったことが起きてきます。

寝返りがしっかり打てる寝具を使うという事はとても大事だと実感しました!

床からの距離があるもの

床からの距離も大事です!

僕は厚みは10cm以上あるものを使用しています。

床から距離がないと、床の温度と硬さをダイレクトに感じてしまいます。

そのため、床の温度と硬さを感じることなく快適に寝ることができるマットレスの厚さを考えて購入することが大事だと思います。

マットレスの厚みを薄くすればコンパクトにはなりますが、、、

ここに関しても妥協しない方が良いです。

寝ている時の温度・湿度を適度に保てるもの

寝ているときの温度や湿度もとても大事です。

室温が快適な環境で寝ることができなければストレスになり睡眠の質を落とす原因になります。

睡眠の質を高めるための快適な室温としては夏場は25度から26度、冬場は22度から23度と言われています。

布団内の温度としては33度± 1度、湿度は50%± 5%が快適な環境と言われています。

このような快適な環境を保つために大事になるのが、

  • 掛け布団を選ぶ際に重要:軽さ、かさ高、フィット感、保温力、吸湿力など
  • 敷き布団を選ぶ際に重要:保温性、吸湿性、硬さ、クッション性など

と言われています。

この辺りを意識して寝具を選んでいくことと、室内の温度と湿度を適度に保てるように調整していくことが大事になってきますね。

そのため、エアコンや空気清浄機、加湿器などを使用することも検討していくと、より良い睡眠をとることにつながってくると思います。

睡眠の質を向上させるためにできること

以前に睡眠の質を高める、ためにできることを記事にまとめていたのでリンクを貼っておきます。

【パフォーマンスアップ】生産性を2倍に高める睡眠の大事なポイント!

睡眠の質を上げることが日中の活動を充実したものにしてくれます^^

睡眠を人生の中心におくくらい大事にしていきたいです♪

それでは、またお会いしましょう♪( ´▽`)

LOWYAのマットレスはこちらから購入できます^^