読んだ本を確実に身につけたいならこの本を読め!『レバレッジ・リーディング』レビュー


こんにちは、三好(@yuyampt)です。

 

今回は、確実に身につく本の読み方がわかる本『レバレッジ・リーディング』を紹介します。

 

あなたは、読んだ本を確実に身につけることができていますか?

 

『あの本を読んでから人生変わったな』と感じた事はありますか?

 

感じたことがない場合、読書した時間が無駄になっている可能性があります。

 

『読書した時間を無駄にせず、本を読んで人生を変えることができるようになる方法』それを教えてくれるのが『レバレッジ・リーディング』です。

 

僕は元々本を読むのがあまり好きな方ではなかったんですが、本は最強の自己投資である事を知ってから積極的に読むようにしています。

 

でも、やっぱり読むからには読んだ分、確実に成長につなげていきたいですよね。

 

そこで、読書法についての本を色々読みました。

 

読んだ結果、成功している人の読書の仕方は『レバレッジ・リーディング』に基づいているものだと気付きました。

 

『レバレッジ・リーディング』に書いてある事を実践すれば確実に読んだ本を確実に身につけることができると確信しています。

 

そんなわけで、今回は『レバレッジ・リーディング』を読書をして成長していきたいあなたにおすすめしたいと思います。

 

 

レバレッジ・リーディングの目次

 

 

 

目次は上記の通りです。

 

レバレッジ・リーディングの概要

 

 

レバレッジ・リーディングは、読んだ本を確実に身につけるための読書法を教えてくれる本です。

 

自己啓発書やビジネス書をよく読む人、そういった本を読んだら確実に自分の成長につなげていきたいという人が読むべき本で、

 

単純に「読書する事を楽しみたい」「趣味として読書をしている」という人は読む必要がない本だと思います。

 

レバレッジ・リーディングは、本をゆっくり丁寧に読んで楽しみたい人ではなく、本をサクッと読んで自分の身につけていきたい人のための本なわけです。

 

レバレッジ・リーディングから学べること

 

 

こんな感じで読書の流れをわかりやすく解説してくれています。僕なりに学んだ事を簡単に紹介しておきます。

 

読書はざっくりでいい

 

自分の成長に繋げる自己投資としての読書はざっくりでいいんです。

 

本から確実に学びたいという気持ちから、「隅々まで一字一句漏らさず読んでやるぞ!」と意気込んで読んではいませんか?

 

でも、それでは効率が悪いんです。

 

本を隅々まで読んだからって、すぐにそれは身になりません。

 

それよりも、ざっくりとその本の内容を頭に入れていった方が効率がいいんです。

 

読書する時は必ずメモをとる

 

 

読書の時にメモを取る習慣はありましたか?

 

「メモをとっていなかった!」という場合は、本を読む時は必ずメモを用意しておきましょう。

 

メモを取る事で、本の内容を記憶する第一歩になるんです。

 

メモをとらない読書は、ほぼ記憶に残りません。

 

僕も以前はメモをとらずに本を読むことだけしていました。その時に読んだ本の内容はほぼ身になっていないと思います。

 

今は必ず本を読んだらメモをする、ツイッターでつぶやく等のアウトプットをするようにしています。

 

これが自分の身にするための第一歩になるんですね。

 

行動に移すことが最重要

 

 

本の内容をざっくりとらえて、メモをしたらあとは行動に移す事です。

 

行動に移す事が最重要だと思います。

 

結局、人は行動を変えて、習慣化しなければ変わらないんですよね。

 

習慣化して初めて結果が出てきます。

 

習慣化するためには、本を読んだらメモをして、そのメモを繰り返し見て行動に毎日移す事です。

 

これが確実に読書を自分の身にするための方法かなと思います。

 

まとめ

 

 

今回は、確実に身につく本の読み方がわかる本『レバレッジ・リーディング』を紹介しました。

 

同じ本を読んでも、そこから学べる内容は人によって全然違います。

 

僕なりにレバレッジ・リーディングから学んだ内容を紹介しましたが、あなたが読んだらまた学ぶことができる内容は変わってくると思います。

 

ぜひレバレッジ・リーディングを読んで、自分なりの読書法を見つけてみてください。