スキマ時間を使う事の重要性


こんにちは、 三好です。僕はここ最近毎日ブログ2記事作成、ピラティスエクササイズ、ツイッター発信、YouTube動画投稿といった作業を毎日行っています。

 

先日に下記のTweetをしました。

 

 

スキマ時間を意識して使うのはかなり大事。スキマ時間を使う事を意識するようになってから勉強量、ブログの更新頻度がかなり上がった。1日2記事+読書、勉強ができているのはスキマ時間を無駄にしないから。振り返ったら合計すると1日2時間程度のスキマ時間を大事な事に使えてた。

 

 

毎日、自分の決めた事を達成するためには時間が必要になります。その時間をどう作り出すのか。1つのポイントはスキマ時間にあります。今回はスキマ時間を使う事の重要性について解説していきます。

 

 

スキマ時間を使う事の重要性

 

 

MIYOSHI

結論から言うと、

    スキマ時間は集中力が高い
    スキマ時間だけでも大事な作業は終わらすことかできる
    スキマ時間を使うか使わないかで1日の質は天と地の差

 

順にみていきます。

 

スキマ時間は集中力が高い

 

スキマ時間は集中力が高く、作業効率がいいです。

 

スキマ時間は10-15分程度なのでダラダラ作業がなくなり、集中力が切れる前に作業を終える事ができます。1時間ぶっ続けより15分を4回の方が集中できます。結果として作業量を多くこなす事ができます。

 

スキマ時間だけでも大事な作業を終わらす事ができる

 

スキマ時間だけでも大事な作業を終わらす事は可能です。

 

スキマ時間をうまく使っていくと、合計時間は数時間になります。その数時間を集中した作業に使えばかなりの作業量になります。

 

スキマ時間だけでも意識して使えば相当な作業をする事ができるんです。これに気づくには自分の1日の時間の使い方を振り返る習慣をつけると良いです。

 

スキマ時間を使うか使わないかで1日の質は天と地の差になる

 

スキマ時間を使うか使わないかで1日の質が全然変わります。

 

スキマ時間は、集中力の高い作業をするのにとても有効な時間です。この時間を使って作業すれば、1日時間を使って作業をするのと大差ない作業をこなす事ができるようになります。

 

さらに仕事もしっかりしているので得られる充実感は半端じゃありません。仕事の合間のスキマ時間たった5分、10分ですが、休憩に使うか、自分の大事な作業のために使うかで大きな差が生まれます。

 

1日だけでも数時間、1週間、1年と積み重なるとどうでしょう。相当な時間になります。その時間を大事な事に使うかダラダラ休むために使うか。大事な事に使って1年後に大きく成長している道を選んだ方が良いと僕は思います。

 

時間の使い方を学ぶのにおすすめの書籍

 

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

 

僕はこの脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術をよんで大きく時間の使い方が変わりました。これをきっかけにブログを1日2-5記事書けるようになりました。時間の使い方のノウハウが脳科学的根拠に基づいて紹介されておりとても参考になります。時間を効率よく使って毎日勉強や作業を早く終わらせたい方は購入してみて下さい。