お金はどう使おうか?じゃなく、お金をどう生み出すか?を考えろ


こんにちは、三好です。今回はお金についてです。お金の使い方について考えてみましょう。仕事をして給料が入りました。さて、そのお金をどうしますか?大抵の人は自分の欲しいものや遊びに使おうと考えるはずです。

 

でもちょっと待って。『お金を使うこと』に時間を使うんじゃなくて、『お金を生み出すこと』に時間使って考えてみませんか?

 

お金を何に使おうか?と考える事をやめる

 

消費する側ではなく生産する側になる

 

結論から言うと、価値を生み出す側に立つ事です。

 

給料が入ったら、さて何に使おうか?って考えていませんか?お金を使うことばかり考えていてはお金は増えません。

 

お金を増やしたいんだったらお金を増やすことを考えることです。当たり前の事なんですけど案外できていないもんです。

 

あと、ただ考えているだけでは何も変わりません。変わりたいんだったら行動にする事です。お金を生み出すための行動を起こす事です。

 

お金を使ってお金を生み出すよりまず行動

 

お金を使うならお金を生み出す事に使う。それは当たり前の話だけど、お金を使う事よりまず行動すること。生産する事が大事。

 

生産する経験を多く積んで、ある程度まで行ってから自分に足りないものを補う形でお金を使う。このほうがお金の使い方としては効率が良い。

 

あとは、お金を使って得たものに関しては、そこから得た価値を人にシェアする形に持っていくことが大事。

 

例えば、美味しい飲み物飲んだ、美味しい食べ物を食べた。そしたらそれを人にもシェアしてあげる。シェアする方法はいくらでもある。InstagramやTwitterで拡散してあげればいい。

 

理学療法士だったら自分の行ったセミナーや購入したテキストや文献から得た知識をSNS、ブログでシェアしてあげればいい。

 

自分と価値観が似ている人はフォローしてくれるかもしれない。SNSを積極的に使おう。

 

割合は2対8がいい

 

お金の使い道として、消費が2割、投資が8割にするといい。

 

食事や住まいにかかる費用は生きるために最低限必要なお金なので仕方がない。そこも最低限に抑えたいが、それ以外に使うお金は全て投資に回す事。

 

書籍やセミナー、自分の目標とする人の教えから学ぶことにお金を使うこと。

 

あとは、行動するのみ。行動に関しては生産する事に8割を使いたいところ。後の2割はエネルギーチャージ、趣味の時間にしたい。

 

目標は『さて、今日はどうやってお金を生み出そうかな』

 

この考え方が毎日自然に浮かんでくることを目標にしましょう。これが当たり前になってくれば生産側に回ることができた証拠です。

 

お金を生み出すことは人に貢献しているということ

 

お金を生み出しているということは人が必要としている価値を生み出して貢献できているということです。人が必要としているものを提供した結果、お金を得ているわけです。

 

毎日、お金を生み出すことを考えるということは、毎日人にどう貢献しようか考えているということです。なんとなく、お金に対するイメージがついてきたでしょうか。

 

ひたすら行動しよう

 

あとは、行動するのみです。いくら考えても考えているだけでは何も変わりません。行動を起こして、動いた結果、人に貢献できていることが大事です。

 

人に貢献して、たくさんの人を喜ばすことができる方向に自分の行動を変えていきましょう。

 

お金について学びたい人におすすめの本

 

お金2.0