【腹横筋強化】お腹をキュッと締めて姿勢をキレイに見せるピラティスエクササイズ3選!


こんにちは、理学療法士・ピラティスインストラクターの三好です!今回は腹横筋について。腹横筋を鍛えて、お腹周りをキュッと引き締めてキレイな姿勢を作る事ができるピラティスの基本エクササイズを紹介します!ぜひ、毎日の習慣に取り入れてみてください!

 

腹横筋とは

 

 

腹筋の一番深いところに位置する筋肉で、お腹の横を覆うようについています。

 

腹横筋はどんなときに働く?

 

腹横筋は、特に呼吸を吐く時に働きます。手や足、頭を動かす時にも腹横筋が働いて体幹が安定させる働きをしています。

 

腹横筋を鍛えると良い理由

 

お腹が引き締まる

 

腹横筋はお腹の後ろから前まで覆うようについています。よくコルセットのような役割をしているとも言われていますが、腹横筋を鍛える事でお腹が深いところでキュッと引き締められます。

 

腹横筋を鍛えるエクササイズは同時にその他の腹筋も鍛えられますので、深いところも浅いところも同時に鍛えてお腹全体をキュッと引き締める事ができます。

 

腰痛予防になる

 

腹横筋を鍛える事で腰痛予防ができます。

 

腹横筋は、体幹を引き締めて安定させる役割をしていますが、ここが弱いと腰が反りすぎてしまったり、腰が丸まってしまったり安定しなくなります。不安定な状態で身体を使う事で筋肉に過剰な負担がかかって腰痛を引き起こす原因になります。

 

腹横筋を鍛えて安定した体幹を作る事で腰痛予防をする事ができます。

 

腹横筋を鍛えるピラティスエクササイズ!

 

まずはニュートラルポジションの確認

 

 

ピラティスエクササイズの基本、ニュートラルポジションを確認しましょう!このポジションを作ってからエクササイズを行なっていきます。このポジションを取って呼吸するだけでも腹横筋めちゃ鍛えられます。

 

骨盤を感じる事で腹横筋を動かす

 

 

骨盤を動かす事で腹筋、背筋の使い方を知って、より腹横筋を使いやすい状態にしましょう。まずは自分の身体の動かし方を知る事が大事。

 

腹横筋エクササイズ

 

 

腹横筋は呼吸を吐く時にキューっとよく働きますので、呼吸をしっかり意識して行うと良いです!

 

はじめから強く呼吸を吐きすぎると他の腹筋が強く働いてしまうので、軽く吐くことから始めましょう。吐くときの口はhaの口で行います。口をすぼめて吐くと首回りの筋肉がリラックスしにくくなります。

 

お腹を引き締めるピラティス まとめ

 

  • ニュートラルポジションを知る
  • 骨盤の動かし方を知る
  • 呼吸を意識して、ニュートラルポジションでの運動を行うことにより腹横筋を強化する