ブログを書くことを習慣化することに成功した理学療法士が語る習慣化のコツとは?


こんにちは!理学療法士の三好です。ブログを始めて七ヶ月目になりますが、ここまで継続することができて感じてるのはブログを書くことが楽になってきたということです。ブログを更新することになれて書くスピードもかなり速くなったと思います。

 

新しいことを習慣にするのは難しいと思いますが、僕がここまでブログを継続することができたのにはコツがあって、それを実行してきたから習慣にすることができたと思ってます。今回はブログを書くことを習慣化することができた理由とそのコツを紹介してきたいと思います。

 

ブログを書くことを習慣にするコツとは?

 

習慣にするにはコツがあります。

 

習慣化のコツ その1

 

朝一にやるということです。

 

人には意志の力があって、意志の力は朝が一番溜まっている状態です。そこからいろいろと決断や集中をすることによってどんどん意思の力が消費されていきます。意志の力が減った状態ではなかなか新しい事に集中するのは難しくなってきます。新しいことをするにはエネルギーがより必要になるからです。

 

だから1番エネルギーが溜まっている朝一に習慣にしたいことやってしまいましょう。

 

習慣化のコツ その2

 

30日継続することです。

 

新しいことを習慣にするときに、初めの数日は順調にいくんですけど、10日ぐらい経ったときにやる気がガクンと下がるんですよね。その時に持ちこたえられるか持ち堪えられないかで習慣にできるかできないかが決まります。やる気が下がった時に持ち堪えて継続することができたら、習慣にできる可能性がぐっと上がります。

 

ただ、人によって環境も違うと思いますし、疲れがかなり溜まっていてなかなか毎日の継続が難しい人もいると思います。その場合は、毎日ではなくても休憩を挟んでまた継続すればよいです。

 

30日継続できるとその後がだいぶ楽になります。それは自分の中で新しい習慣をやることに慣れてスムーズにその作業を処理することができるようになった証拠です。

 

習慣化のコツ その3

 

1つに絞ることです。

 

一ヶ月も過ごしていると何かまた新しくやりたいことが出てきたりするんですけど、それも取り入れようとしてしまうと新しく習慣にしようと思って始めたことに集中できなくなって、ほかの事にエネルギーが消費されてしまいます。そうするとエネルギーが分散されて継続することが難しくなってきます。

 

そうならないために、30日間はひとつのことに絞って朝一にやってしまうということが大事になります。それが習慣化されて楽に行えるようになったら、次の事を習慣化していくという事は守りましょう。

 

理学療法士がやっておきたい習慣化!

 

理学療法士として習慣にしておきたい事っていうのは毎日の学習ですよね。

 

僕が習慣にしてしまったことは、朝起きたら、患者さんにやってもらいたい運動を自分でやります。そうやって軽く体を動かして目を覚まします。運動を自分で経験することで患者さんの立場を考えることにつながります。そうやって目を覚ましたら、30分集中してその日、臨床で使いたい知識をインプットします。

 

毎日、30分から1時間程度の時間ですが、毎日続けることで1週間とか1ヶ月にしたらかなりの時間学習に使っていることになります。休日に一気に勉強するより、毎日こつこつと勉強を積み重ねていったほうが実になりやすいです。毎日の習慣にしてしまえば勉強することが苦じゃなくなりますよ。

 

今回は習慣化のコツについてお話してきました。新しい習慣を身につけたい方はぜひ実践してみてください。