その痛み何が原因?腰痛の原因の判断方法!


理学療法士の三好です^^「腰が痛いんだけど、なんでこんなに痛いのかわからない!」って人は結構多いんじゃないでしょうか?その痛みは何が原因で起きているのか、自宅で簡単にチェックできる方法を今回は紹介していこうと思います!腰の痛みの原因について知りたい方はぜひチェックしてみてください。

 

腰痛の原因3つ

 

よくある腰痛の原因は、

 

  • 筋、筋膜性腰痛
  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎ヘルニア

 

このあたりが原因となって腰痛を起こしていることが多いです。

 

筋、筋膜性腰痛

 

筋、筋膜性腰痛の場合、腰にある筋肉である広背筋や脊柱起立筋が原因で痛みが出ていることが多いです。この辺りの筋肉は背筋を伸ばすときによく使います。重い荷物を持つ仕事をしている方は、荷物を持って背筋を伸ばそうとするのでより広背筋や脊柱起立筋を使います。そうすると、これらの筋肉に負担がかかり、凝り固まって、血液の循環が悪くなり、痛みが出てきます。

 

筋肉に痛みが出る仕組み

  1. 筋肉をたくさん使う
  2. 筋肉が凝り固まる
  3. 筋肉の血行が悪くなる
  4. 痛みが出る

 

 

腰痛の原因のセルフチェック方法

 

筋、筋膜性腰痛

 

筋肉や筋膜が凝り固まっていることが原因で痛みが出ているので、筋肉を指圧すると痛みが出ることがほとんどです。それから、筋肉が硬くなって伸び縮みしにくい状態になっているので筋肉を伸ばしたときに痛みが出るのも特徴です。

 

  • 腰の痛みが出ている部分を押してみる
  • 腰を曲げると腰が張ってくる感覚があるかどうか
  • 腰を曲げた時に腰に痛みが出るかどうか

 

このあたりをチェックしてみてください!

 

脊柱管狭窄症

 

脊柱管狭窄症の場合のセルフチェック!

 

  • 安静時から太もも〜足先に痺れがある
  • 背筋を伸ばした時、腰を沿った時に痛み、痺れが増える

 

安静時から痺れや痛みがあること、背筋や腰を沿った時に痛み、痺れが増えるところがポイント!

 

腰椎ヘルニア

 

ヘルニアの場合のセルフチェック!

 

  • 太ももから足先に痺れがある
  • 腰を曲げた時に痺れ、痛みが増える

 

 

脊柱管狭窄症やヘルニアに関しては背骨の変形やヘルニアによる神経の圧迫が原因となっているため、病院での診察を受けてDrに対応を相談した方が良いです。

 

筋、筋膜性の腰痛に関しては、マッサージやストレッチ、運動療法、生活習慣の改善をすることにより軽減することができます。