歩くと痛い!長引く踵の痛みを解消するマッサージ・筋膜リリースの方法【痛みの専門家監修】


こんにちは、みよし(@miyoyu34)です。

今回は、歩くと痛みが出る踵の痛みを解消するマッサージ、筋膜リリースの方法を紹介します。

  • 動かさなければ大丈夫だけど、歩くと踵が痛い
  • 1週間以上踵の痛みがとれない
  • 痛い方の踵が硬い感じがする
  • 踵が厚くなっている感じがする

上記に当てはまる場合は、今回紹介する方法を実践していただけると、

  • 踵の痛みなく歩けるようになる
  • 痛みなく趣味や仕事ができるようになる
  • 毎日痛みのストレスに悩まされる事がなくなる

今あるストレスから解放され、自由に趣味や仕事が楽しめるようになりますので試してみてください。

というのも、僕は治療院で働く理学療法士で、これまで病院と治療院で経験を積みました。その間多くの踵の痛みで悩む患者さんをみてきましたが、今回紹介する方法で多くの方が痛みを解消し、元の生活に戻られたのをみてきています。ですから、同様の症状を持つあなたも痛みを解決できる可能性が高いです。

改善する方法を動画でなるべくわかりやすく解説していきますので、ぜひ試してみてください。

歩くと痛い!長引く踵の痛みの原因

痛みが出てから1週間以上経過しても続く踵の痛みの原因は、主に筋肉や筋膜、皮膚の硬さが原因です。

踵をぶつけたり、足を使いすぎたことによって起きた損傷を治す為に炎症が起きるのですが、炎症は大体1週間もすれば軽減していきます。それ以上痛みが長引いている場合は、炎症による痛みではなく、筋肉や筋膜、皮膚が硬くなってしまうことによって血流不足になっているのが原因で痛みが出ている可能性が高いです。

血液は身体に栄養や酸素を送る重要な役割を果たしているので、踵に血液が回らなくなったら大変ですよ!というサインを痛みとして脳に伝えているんです。硬くなった踵が床に接すると余計に血流が不足しますし、足に力を入れると筋肉が収縮して血流が不足するので痛みが出ます。

硬くなった筋肉、筋膜、皮膚を緩めて柔らかくしてあげる事で血流が改善し、痛みがなくなっていきますので安心してください。

踵の痛みを改善するマッサージ・筋膜リリース

やり方は簡単です。痛みがある踵に手を当て、クルクルと50〜100回まわします。

100回まわすと筋膜が徐々にリリースされ柔らかくなっていきます。柔らかくなると血流が促進され痛みが緩和していきます。硬さが強い場合はより多くの回数が必要になります。踵の硬さは短期間でできたものではなく、長年かけて徐々に出来上がったものです。それを1回のマッサージで全て取り除くのは難しいものです。1回で全て取りきろうとは考えずに、徐々に徐々に回数を重ねて硬さをとっていく事が重要です。

踵の痛みを再発させない為の対策

踵の痛みが起きてしまう原因は、

  • 過度の運動(歩きすぎ、走りすぎ)
  • 運動不足
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • 反対の足を怪我した事がある

などが考えられます。

踵の痛みが出る前に運動をしすぎていたり、元々運動する習慣がなかったりすると、運動を始めたときに筋肉に耐性がないので硬くなりやすくなります。また食生活の乱れ、睡眠不足があると、自律神経の働きが低下して筋肉の硬さが起きやすくなります。踵の痛みが出ている足と反対の足の怪我をした事がある場合は、無意識にそちらの足をかばっている為に踵に負担がかかっている可能性も考えられます。

生活習慣を整える事で神経の働きが改善されるので、筋肉が硬くなりにくい体を作る事ができます。合わせて、痛みのない範囲で適度に運動を取り入れていく事で痛みが再発しにくくなってきます。

1日5分継続して踵の痛みをスッキリ解消

今回紹介したマッサージ、筋膜リリースの方法は、1日5分で良いので継続して行ってみて下さい。1回でもしっかり行うと効果がありますが、継続して行う事で大きな効果を発揮します。

筋トレを1日しても腹筋が割れないのと同じで、実はマッサージも繰り返し行う事で徐々に大きな効果が出てくるものなんです。

毎日少しずつ継続していただけると、踵の痛みが解消され、元のように歩く事ができますのでぜひ試してみてください。

やり方など、わからない事がありましたらツイッターYouTubeでコメント頂ければと思います。SNSでは痛みや姿勢の改善方法、生活習慣やビジネスのことについてシェアしていますので、よかったら交流してください^^

それではまた更新します!