【動画解説あり】お尻の硬さを解消して腰痛、坐骨神経痛を改善するマッサージ方法を理学療法士・整体師が紹介


どーも、こんにちは、みよし(@miyoyu34)です。

今回は、お尻の硬さを解消して腰痛と坐骨神経痛を改善するマッサージの方法を紹介していきたいと思います。

腰痛とか坐骨神経痛って腰の筋肉に問題があったりとか、足の筋肉に問題があるからそこに痛みとかしびれが出ると考えている方が多いと思うんですけれども、実はお尻の筋肉に問題があって痛みが出ている場合が多いんです。

実際に、僕の勤務している治療院ではお尻に対する施術と合わせて背骨や骨盤に対するセンスも行うんですけれども、お尻の筋肉が柔らかくなることによって痛みが解消する方がとても多いです。

これは、お尻の筋肉にトリガーポイントと言うしこりができることによってそことは違う場所に痛みが出るということが起きるんですね。このトリガーポイントの影響で腰や足に痛みとかしびれが出ている場合はこのトリガーポイントを取り除かないと痛みとかしびれは改善しないです。

なので今回はこのトリガーポイントに焦点を当ててマッサージの方法を紹介していきたいと思います。

【動画で解説】腰痛、坐骨神経痛を改善するお尻のマッサージ

3分程度で見れるので詳しく知りたい場合はチェックしてみてください。

足や腰に響くポイントを見つけたら、テニスボールまたはこぶしを当てて軽く圧迫してキープ。少し緩めてもう一度と繰り返していくと徐々にお尻の筋肉が緩んでいきます。

骨盤の際の部分にテニスボールまたは拳を当てるのがポイント

骨盤の際の部分にトリガーポイントがあり、青い部分に痛みが出ます。ここを狙ってマッサージしていくのがポイントになります。

一度押してみて、足の方とか腰のほうに痛みが響くかどうか確認してみてください。押して響くようであればそこが鳥がポイントになっていて痛みの原因になっていますのでそこがほぐれれば痛みが解消されていきます。

しこりの硬さが強くなっていると、腰やお尻だけでなく足の方まで痛みや痺れが出ることがあります。得に骨盤の際の部分にできたシコリは痛みと痺れを引き起こしやすいのでここを狙ってポイントを探していただくと良いです。

腰痛、坐骨神経痛を改善するお尻のマッサージのコツ

指の触れているあたりがシコリができやすいポイントになります。ここを指で圧迫してみて痛みや痺れが出るかとかチェックしてみてください。

痛みや痺れが出るようであれば、そこにテニスボールを当て、圧迫していきます。テニスボールがない場合は拳でもOKです。ボールを置いたら膝を倒し圧迫し、2秒〜10秒程度キープし、緩めてまた圧迫を繰り返してみて下さい。

マッサージのポイントがわかれば改善できる

お尻のマッサージと言っても大まかに行っていてポイントが間違っていると改善できませんが、しっかりポイントがわかれば改善することができます!

具体的にどこを押すと響く感覚があるのか確認しながら、少しずつ継続して行ってみてください。

それではまた更新します^^